加入してますか?倒産防止共済

節税しながら、「もしも」に備える安心のセーフティネット
小規模企業共済に続き、経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)をご存じでしょうか?
無担保・無保証人で掛金の最高10倍(上限8,000万円)まで借入れでき、掛金は損金または必要経費に算入できる税制優遇も受けられます。

ザックリな内容
・月々の掛け金は5,000円~200,000円まで自由に設定可能。
・掛金を損金(法人の場合)、または必要経費(個人事業主の場合)に算入できるので、節税効果がある。
・共済金の借入れは、無担保・無保証人で受けられる
・共済金貸付額の上限は「回収困難となった売掛金債権等の額」か「納付された掛金総額の10倍(最高8,000万円)」の、いずれか少ないほうの金額となる。
・共済契約を解約された場合は、解約手当金を受け取れる。任意解約であっても、掛金を12か月以上納めていれば掛金総額の8割以上が戻り、40か月以上納めていれば掛金全額が戻る。
・倒産防止共済の積立限度は800万円。
・解約したときには、全額益金(収入)算入になる。

小規模企業共済制度の加入資格
継続して1年以上事業を行っている中小企業者で、以下の加入要件に該当する場合
1)会社または個人の事業者
  ※事業の業種により、「資本金の額または出資の総額」や、「常時使用する従業員数」の制限がある
2)組合
  ・企業組合、協業組合
  ・共同生産、共同販売等の共同事業を行っている事業協同組合、事業協同小組合、商工組合
  ※医療法人、農事組合法人、NPO法人、森林組合、農業協同組合、外国法人等は加入対象にならない。

加入できないケースも多々あるので、下記URLから詳細をご確認ください。

小規模企業共済と同様、加入資格を満たせば、やっておいて損はないと思います。
掛金と言っても積み立てですから、本来は損金算入できないものが全額損金算入できるという優れもの。上限がありますが、MAXかけていれば4年で800万円無税でためることができるわけですね。

解約時は全額益金となるため、役員退職金の原資とすると税負担の回避もできそうです。
何にせよ、結構知らない方もいらっしゃるようなので、まだ未加入の事業者様は検討されてみてはいかがでしょうか

中小機構
https://www.smrj.go.jp/kyosai/tkyosai/index.html